神奈川県域

2013.11.15
神奈川県域支部 11月号機関紙付録発行

2013.11  逾槫・亥キ晉恁蝓�

 

2013.08.30
神奈川県域支部 8月号機関紙付録発行

2013.8 神奈川県域

 

2013.08.08
神奈川県域 7月号機関紙付録発行

2013.7縲€逾槫・亥キ晉恁蝓�

 

2013.08.06
今年も笑顔に出会えたキャンプ

201308すいかわり201308マス201308火の神さま

 

 

 

 

 

8月3.4日、伊勢原市日向ふれあい学習センターで夏季療育キャンプを行いました。参加者は日帰りも含め60人(大人・子ども・ボランティア・医師・看護師)が集いました。キャンセルが4家族11人も出て残念でしたが、例年よりもこじんまりとしたキャンプで、親の交流会、子どもの心臓病教室、マスつかみ、バーベキュー、スイカ割り、キャンプファイヤーと楽しく過ごせました。こどもたちの笑顔が一番です。24年間続けてきたキャンプで今回初めてボランティア行事保険を使う怪我人がでましたが、申請もスムーズに行きました。行事には欠かせないのが、保険だということ実感です。

201308川遊び

手作り朝ご飯今年も笑顔一杯

 

 

 

 

 




 

201308マス

201308すいかわり男の子の部屋

 

 

 

 

 

 




鈴木・佐野

 

2013.06.13
6月9日 教育懇談会

20130609教育懇談会 007-2藤沢市の湘南台公民館で教育懇談会を開催しました。今回は、守る会50回記念大会のDVD観賞と、交流会としました。交流会には心友会も含め、守る会の行事には初参加の方もいました。子どもが中学になり、毎日のお弁当つくりも大変だけれど楽しい。こんな日が来るとは思わなかった。支援校高等部でサッカーを始め、朝連もあるけれどそういう姿が見れて嬉しい。といった声もあり、幼稚園児のお母さんからは、自分は多分守る会の中でも一、二を争う厳しい親だと思う。
子育ては難しい。最近、どうしても自分だけ心臓が悪いのと聞き、返答に困っている。また、夫が子どもの病気に向き合ってくれずシングルになった。などなどたくさんの声が聞けました。心友会の初参加の20代の人からは病気については詳しく、話せないけれどその時々の感情については話せると、自分の手術の傷のことでいやな思いをしたが、乗り越えてきたことなどもお母さんたちにアドバイスしていました。電動車いすを大学に置いている人のお母さんから、電動車いすを持ちたいと思っているお父さんに、アドバイスがあったり、いろいろな話ができました。

 

2013.06.09
神奈川県域支部 6月号機関誌付録発行

2013.5 神奈川県域

 

2013.05.11
神奈川県域支部 5月号機関誌付録発行

2013.5 神奈川県域

 

2013.04.28
神奈川県域支部 4月号機関誌付録発行

2013.4 神奈川県域

 

2013.03.31
神奈川県域支部 3月号機関誌付録発行

2013.3 神奈川県域

 

2013.03.11
第14回ハートキッズセミナー

20130311守る会紹介

3月9日(土・午後)神奈川県立こども医療センターにて、第14回ハートキッズセミナー(心臓手術展示会)が開催されました。会場の広い体育館では、医師の指導のもと、豚の心臓で、実際の針と糸を使って心臓手術の体験。「人工心肺装置」「超音波装置」の設置。AEDの体験コーナー。心臓手術に使う「針」「糸」「生体のり」「人工血管」「ペースメーカー」「機械弁」の企業からの展示もあります。守る会では、横浜支部・神奈川県域支部の支部活動の様子を展示し、守る会発行の書籍紹介、横浜こぐま園の紹介をしました。昨年もこの時期に開催され、守る会第50回全国大会の案内で会場を回りました。1年が過ぎたのだなと感慨深い思いでした。

201303第13回心臓手術展

 

2013.02.10
神奈川県域支部 2月号機関誌付録発行

2013.2月号 神奈川県域

 

2013.01.12
神奈川県域支部 1月号機関誌付録発行

神奈川県域1月号

 

2012.12.23
神奈川県域支部 12月号機関誌付録発行

県域12月号

 

2012.12.18
手作りクリスマス会 2012 

20121203手作りクリスマス会 20121202クリスマス会 040

 

 

 

 

 

12月2日(日)海老名社会福祉会館にて行われた、クリスマス会には大人17人病児者11人兄弟姉妹8人あしたぼ(学生ボランティア)8人合計44人が参加しました。今年のクリスマス会は、会員参加者のまさに手作りの会でした。
午前中に、5~7人のグループごとに大きなクリスマスケーキをトッピング。バターロールとサンドイッチパンを使って子どもたちもあしたぼのお兄さん、お姉さんと一緒にサンドイッチを作りました。出来上がったクリスマスケーキを真ん中にしてみんなで昼食。ケーキの残りのクリームとフルーツで作ったフルーツサンドなどたくさんできました。もちろん味は、good。
 午後は、子どもたちはあしたぼさんとワイワイ遊びタイム・親は交流会として病児をかかえての子育てについてヤングママとアダルトママの経験談など和やかな時間でした。次回、お父さんが増えたら親父の交流もしたいと反省です。
最後にみんなでショータイム、クリスマスソングに、50回大会のフィナーレの歌「ビリーブ」をみんなで歌いました。須崎母が手品を披露、康太君がギターの生演奏と会員さんの心のこもった参加で温かな感動が会場にあふれました。あしたぼの寸劇の後、サンタのプレゼントに子どもたちの目はキラキラ、素敵な時間を皆様有難うございました。

 

2012.12.18
2012 サマーキャンプ

201208藤野芸術の家キャンプ 141201208バーベキュー201208藤野芸術の家キャンプ 159

 

 

 

 

 

8月18日・19日、「神奈川県立藤野芸術の家」に会員・医師・看護師・ボランテイア・日帰り参加も含めて総数99人が集まりました。
こども達はこども医療センター医師柳先生、看護師石原さん、篠崎さん、岡垣さんによる「こどもの心臓病教室」に集まって ①しんぞうとからだを知ろう ②しんぞうとおくすり ふだん気をつけること ③大きくなったら…。 の3つのことを楽しく解説していただきました。 
こども達は飲んでいる薬をよく知っていることにびっくりしました。 その間、お母さんたちは交流会、お父さんたちはバーキューの準備をしてくれて、美味しい夕食を食べました。