機関誌「心臓をまもる」

機関誌「心臓をまもる」は全国の会員と会員とをつなぐために発行されています。
2005年11月号で500号をむかえ、その後も毎月発行されています。

  • 「みんなの声」 …親や患者の書いたおたより
  • 「はあと」…心臓病児の作品
  • 「医療講座」 …専門医などによる最新の医療解説
  • 「施設めぐり」「団体めぐり」 …会員の目で見た施設や団体紹介
  • 「本部・社会のうごき」 …福祉制度や病気に関わる情報や本部の活動がわかる
  • 「各地のうごき」 …支部の活動がわかる
  • 「Friends to Heart」 …大人の心臓病者のコーナー

その他、その時々に必要なことがわかる会報です。

680号(2020.11)目次

680号表紙絵2

 表紙「武田信玄」
(岡山/小6)

新型コロナウイルスに関する第3回懇談会  

 

言の葉・心の花

「コロナ禍のなかで入院した私が学んだこと」(富山)

 

みんなの声 福祉特集・患者の実情にあった支援を

◇「転院や複数回の手術を経験して 支払時から医療費助成の適用を」
             (完全大血管転位症3型/福岡
◇「障害者手帳は大事なお守り 先天性の状況に合う診断書様式を」
             (左心低形成症候群/島根)
◇「自宅で一人の生活は厳しい状況 今後の支援情報を求めて」
             (複雑心奇形、無脾症候群/岡山)

ほっとタイム

◇「家プールとアイドル」(愛媛)

のびゆく芽

◇「私が好きなもの」
 (エプスタイン病/奈良/中1)

 

シリーズ 心臓病の医療を志して No.38

「心疾患とともに生きる患者さんを支えたい」
(聖隷浜松病院 循環器科 齋藤秀輝)
 

 はあと

◇絵「仲良しリクガメとアマガエルのラッキー」(大動脈縮窄複合/小5/東京南
◇工作「おいしそうなりんごができました」(完全型房室中隔欠損症/5歳/熊本)


座談会

「心友会会員本音でトーク 私たちはこう思っている」

本部・社会のうごき

◇「障害年金の統計結果が公表」

各地のうごき

◇「初めてのWebでの交流会 リラックスして情報の交換時間」(千葉)

 心友会たんしん

◇「遠隔でもつながれる心友会に」(ファロー四徴症/島根)
◇「コロナ禍の生活のなかで大切なこと」(完全大血管転位症/千葉)
◇「愁色の秋晴れ」(右室型単心室症、肺動脈閉鎖、共通房室弁、無脾症/福岡)

 

<span style="color:

バックナンバー