機関誌「心臓をまもる」

機関誌「心臓をまもる」は全国の会員と会員とをつなぐために発行されています。
2005年11月号で500号をむかえ、その後も毎月発行されています。

  • 「みんなの声」 …親や患者の書いたおたより
  • 「はあと」…心臓病児の作品
  • 「医療講座」 …専門医などによる最新の医療解説
  • 「施設めぐり」「団体めぐり」 …会員の目で見た施設や団体紹介
  • 「本部・社会のうごき」 …福祉制度や病気に関わる情報や本部の活動がわかる
  • 「各地のうごき」 …支部の活動がわかる
  • 「Friends to Heart」 …大人の心臓病者のコーナー

その他、その時々に必要なことがわかる会報です。

664号(2019/7)目次

p> 

664表紙2
 表紙「金魚」
(神奈川県域/中2)

 

言の葉・心の花

◇「私たち一人ひとりを大切にする社会の実現を」(北海道・東北ブロック理事)

みんなの声 

◇「小中は訪問教育、高校から支援学校に 指筆談でコミュニケーションがとれて」
 (ダイアモンド・ブラックファン貧血、両大血管右室起始症、大動脈縮窄症/岡山)
◇「身体のことは本人にしか分からない それを医師に言えることが大事」
            (完全大血管転位症Ⅰ型/千葉)
◇「大阪で出産前に疾患が分かり幸運 4歳でフォンタン後、宮城に帰って」
             (単心室、無脾症候群/宮城)

 

ほっとタイム

◇「そばにあるしあわせ」(福岡)

 のびゆく芽

◇「大好きなアマチュア無線」
 (両大血管右室起始症、完全房室ブロック、僧帽弁狭窄/高1/群馬)

 

  はあと

◇絵「幼稚園での楽しかった芋掘り」(三尖弁閉鎖、体肺動脈側副血行/小1/大阪
◇絵「こいのぼりをつくったよ」
(純型肺動脈閉鎖症、右室低形成、類洞交通、左肺静脈閉鎖/5歳/宮崎)

インタビュー No.12

「先天性心疾患患者の妊娠と出産~産婦人科医の使命~」
(池田智明・三重大学医学部附属病院副病院長 産婦人科)

 

2019年度 第1回社員総会 

 

本部・社会のうごき

◇厚生労働省交渉


各地のうごき

◇「大人になっても心臓病とうまく付き合う 医療講演会と体験発表」(沖縄)

☆お母さんのひとりごと(神奈川県域)
☆かつどう日誌(長野)
             

Friends to Heart  心友会たんしん 

◇「新生活を始めた息子とともに、自分自身も成長を」
  (心内膜床欠損症、右胸心、左房還流、関節リウマチなど/広島)           
◇「ひとり暮らし」(大分)
◇「毎年恒例! お花見しました」(兵庫)








 

 

 

 

 

 



 

 

 

バックナンバー