機関誌「心臓をまもる」

機関誌「心臓をまもる」は全国の会員と会員とをつなぐために発行されています。
2005年11月号で500号をむかえ、その後も毎月発行されています。

  • 「みんなの声」 …親や患者の書いたおたより
  • 「はあと」…心臓病児の作品
  • 「医療講座」 …専門医などによる最新の医療解説
  • 「施設めぐり」「団体めぐり」 …会員の目で見た施設や団体紹介
  • 「本部・社会のうごき」 …福祉制度や病気に関わる情報や本部の活動がわかる
  • 「各地のうごき」 …支部の活動がわかる
  • 「Friends to Heart」 …大人の心臓病者のコーナー

その他、その時々に必要なことがわかる会報です。

665号(2019/8)目次

p> 

8月号表紙トリミング
 表紙「なつのむし」
(三重/小1)

 

言の葉・心の花

◇「移行や自立をするために 親も本人も先天性心疾患の理解が必要」(理事)

みんなの声 

◇「自分にとっての『普通の人生』を 就労支援A型事業所で在宅ワーク」
 (両大血管右室起始、肺動脈閉鎖、心房心室中隔欠損、肺高血圧症/新潟)
◇「感染症心内膜炎で入院 院内学級で生活にめりはりが」
            (大動脈弁狭窄、弁上狭窄/横浜)
◇「自分にあった仕事につくことが大切 あきらめるという選択肢も必要」
             (両大血管右室起始症、心室中隔欠損症他/三重)

 

ほっとタイム

◇「ファンだからこそ苦言を」(山形)

 のびゆく芽

◇「自分らしく生きる」
 (完全房室ブロック、三尖弁閉鎖不全、僧帽弁閉鎖不全、心臓中隔欠損症/高1/沖縄)

 

シリーズ 心臓病の医療を志して No.33

◇「成人先天性心疾患の診療 ”出会いは成長の種”」
  (岩手医科大学附属病院循環器内科・上田寛修)

 

  はあと

◇絵「おにのかお」(左心低形成症候群/小1/秋田
◇絵「深海魚のリュウグウノツカイ」
(多脾症候群、左室低形成、肺動脈閉鎖、大血管転位症他/5歳/東京南)

学習会「移行医療と成人先天性心疾患診療体制」


◇講演「生涯医療の中の移行医療」
   (長野県立こども病院循環器センター長・安河内聰)
◇講演「成人先天性心疾患において、今必要とされる診療体制とは」
   (東京女子医科大学心臓病センター循環器小児科・稲井慶)
◇ディスカッション

本部・社会のうごき

◇障害者雇用促進法改正
◇JPA国会請願

各地のうごき

◇「バーベキューで春の交流会を開催 食べて飲んで遊んで楽しい一日」(川崎)

             

Friends to Heart  心友会たんしん 

◇「大人になった先天性心臓病の人たち」
  (ファロー四徴症/岡山)           
◇「ゴールデンウイークはウズベキスタンへ」
  (完全大血管転位症/千葉)








 

 

 

 

 

 



 

 

 

バックナンバー