654号(2018/9)目次

 

無題
 表紙「ハートをつよく!」
(東京北西/4歳&1歳)

 

西日本豪雨災害について

言の葉・心の花

「一方的に教育を受けるのではなく 自ら学ぶ姿勢が必要」(神奈川県域)  

 みんなの声 教育特集・先生方の理解と配慮があって

◇「川崎病罹患後、先天性心疾患と診断 学校と話し合い体育の通知表に配慮が」
          (右冠動脈左バルサルバ洞起始/鹿児島)
◇「就学前に主治医が学校で勉強会を開いて 楽しく学校に通える日々に感謝」
          (拡張型心筋症/愛媛)
◇「フォンタン術後でも少年野球の選手に 心疾患と発達障害があっても希望をもって」
          (修正大血管転位症/神奈川県域)
◇「校長先生の配慮が引き継がれ 2年生になった今、いつも友だちと一緒」
                   (純型肺動脈閉鎖症/東京南)

 

ほっとタイム

◇「スマホデビュー」(香川)

 

 のびゆく芽

◇「中学校生活」
  (ファロー四徴症/中2/大分)

 

はあと

◇絵「電車で家族旅行」(無脾臓症候群、肺動脈閉鎖、総肺静脈還流異常/6歳/東京南)
◇工作「獅子舞」(左心低形成症候群/5歳/京都)

 

教育講座 

◇「病気とつきあいながら将来について考えてみよう」      
 
谷川 浩治(西南女学院大学・保健福祉学部・福祉学科教授)


各地のうごき

◇「成人してから問題が出てくる日常での接し方 自立した社会人になるためのサポート」
                  (沖縄)
◇「前文部科学事務次官前川喜平氏の講演会 交流会では心友会員の話に耳を傾けて」
                  (在京ブロック)
◇「各支部の活動の取り組みを出し合い 参考になることが多かった交流会」
                  (東海・甲信ブロック)

Friends to Heart  心友会たんしん 

◇「中国・四国ブロック交流会に参加して」(完全大血管転位症/香川)
◇「あれ? 血栓が消えた!」(肺動脈閉鎖症/福岡)
※「速報! 第48回心友会全国交流会in愛媛」