653号(2018/8)目次

 

表紙絵
 表紙「あつい、あついなつ」
(静岡/小2)

 

言の葉・心の花

「憲法って読んだことがありますか」(富山)  

 みんなの声 福祉特集・どこに住んでも同じ支援を

◇「東日本大震災後体調を崩し退職 障害年金が受給できたが不安はつきない」
          (単心室、大血管転位、動脈管開存、大動脈縮窄/東京南)
◇「重度心身障害者医療費助成制度 所得制限をなくし国の制度にしてほしい」
          (大動脈弁狭窄症、心室中隔欠損症、動脈管開存症、肺高血圧症/徳島)
◇「生活支援事業の通所施設に通い これからの自立に向けて考えていきたい」
          (肥大型心筋症、ヌーナン症候群類縁類疾患CFC症候群/神奈川県域)
◇「酸素と車いすが必要な子どもの送迎 どこに住んでも自由に移動できる支援を」
                   (単心室、肺動脈閉鎖、MAPCA)

 

ほっとタイム

◇「自分らしいライフワークを」(神奈川県域)

 のびゆく芽

◇「クラリネット」
  (両大血管右室起始症/中3/岡山)

シリーズ 心臓病の医療を志して No.30

◇「神奈川県立こども医療センターでの8年間」
   大中臣 康子(横浜南共済病院・心臓血管外科)

はあと

◇絵「私の好きなもの」(右室低形成/小6/広島)
◇硬筆「しょうらいの夢」(完全大血管転位症、心室心房中隔欠損/小2/新潟)

 

講座 

◇「病気や障がいをもつ子どものきょうだいへの理解と関わり
          ~きょうだいも共に成長することを願って~」
 
野中 純子(公立大学法人神奈川県立保健福祉大学保健福祉学部・看護学科教授)

  本部・社会のうごき

◇障害認定問題・厚生労働省交渉
◇障害年金打ち切り・厚生労働省交渉


各地のうごき

◇「大人になる心臓病の子どもたち スムーズな移行には『しんぞう手帳』を活用」
                     (栃木)
◇「元気で過ごしてほしいという願い 手術後のことを正しく知って早めに対処」
                     (東京南)
◇「体調管理や運動不足解消に向けて 『心臓リハビリテーション』を学ぶ」
                  (中国・四国ブロック)
◇「特児や年金についての意見交換 医療講演の案内で養護教諭や保健師も参加」
                  (北関東・北陸ブロック)

◇かつどう日誌(香川)

Friends to Heart  心友会たんしん 

◇「還暦を迎えました」(心内膜床欠損症術後、在宅酸素導入/川崎)
◇「久しぶりの『RaB』! 幅広い年代で話し合う時間をもっと提供したい」
    (大動脈弁狭窄・大動脈弁閉鎖不全症/大阪)