機関誌「心臓をまもる」

機関誌「心臓をまもる」は全国の会員と会員とをつなぐために発行されています。
2005年11月号で500号をむかえ、その後も毎月発行されています。

  • 「みんなの声」 …親や患者の書いたおたより
  • 「はあと」…心臓病児の作品
  • 「医療講座」 …専門医などによる最新の医療解説
  • 「施設めぐり」「団体めぐり」 …会員の目で見た施設や団体紹介
  • 「本部・社会のうごき」 …福祉制度や病気に関わる情報や本部の活動がわかる
  • 「各地のうごき」 …支部の活動がわかる
  • 「Friends to Heart」 …大人の心臓病者のコーナー

その他、その時々に必要なことがわかる会報です。

690号(2021.9月)目次

9月号表紙絵

 表紙「秋の心臓」
(東京多摩/小6

言の葉・心の花

『誰一人取り残さない社会は「誰」が作るのか』(熊本)

 

みんなの声・教育特集 夢と目標をもって、みんなと一緒に

◇「幼稚園と小学校で適切な支援を受け 自信とやる気が自立につながる」
                  (単心室症、肺動脈閉鎖症/島根
◇「一人で学校に行ってみたい 心を元気にすることが特効薬」
            (左心低形成、多脾症候群他/横浜)
◇「知的障害があっても同じクラスで学ぶ インクルーシブ教育実践推進校に入学」
           (単心室、単心房、肺動脈狭窄、無脾症候群/神奈川県域)
◇「6年越しでようやく実現 小学校の修学旅行での思い残しを」
                 (完全大血管転位症Ⅲ型/香川)
◇「コロナ禍での自宅待機 オンラインでの授業参加に思うこと」
                    (心臓移植後/匿名)

ほっとタイム

◇「心を癒される伝筆(つてふで)」(宮城)

のびゆく芽

◇「充実した学校生活」(ファロー四徴症/中3/東京南)

 

シリーズ 心臓病の医療を志して NO.44

「成人先天性心疾患診療における私の役割」
          (大阪医科薬科大学病院小児科・蘆田温子)

 はあと

◇版画「文を書く僕」(左心低形成症候群/小5/熊本
◇絵「ライムー妖怪学園Yー
   (心房中隔欠損症、多源性心房頻脈、肥大型心筋症/小4/徳島)


教育講座 NO.21

「共生社会の実現に向けて~神奈川のインクルーシブ教育~」
(神奈川県教育委員会教育局インクルーシブ教育推進課指導グループ指導主事 豊山花林)

 

本部 ・社会のうごき

◇「医療的ケア児支援法が成立」
◇「小慢・難病対策施策見直し合同委員会報告書」
◇「第4回支部学習交流会」

各地のうごき

◇「小児医療を検討する会が開催」(富山)
◇「コロナ禍の今、オンラインでも交流を」(熊本)
◇「運営委員会を開催」(茨城)
 ★支部長のひとりごと(岐阜)
 ☆かつどう日誌(群馬)

 心友会たんしん

◇「人生は一度、毎日楽しむことを大事にしたい」(修正大血管転位症他/沖縄)
◇「初心忘るべからず」(単心室、無脾症候群など/石川)
◇「コロナ禍で、日常生活の変わったこと」(右胸心、僧帽弁閉鎖、肺動脈狭窄による心臓機能障害/大分)


 

 

<span style="color:

バックナンバー