機関誌「心臓をまもる」

機関誌「心臓をまもる」は全国の会員と会員とをつなぐために発行されています。
2005年11月号で500号をむかえ、その後も毎月発行されています。

  • 「みんなの声」 …親や患者の書いたおたより
  • 「はあと」…心臓病児の作品
  • 「医療講座」 …専門医などによる最新の医療解説
  • 「施設めぐり」「団体めぐり」 …会員の目で見た施設や団体紹介
  • 「本部・社会のうごき」 …福祉制度や病気に関わる情報や本部の活動がわかる
  • 「各地のうごき」 …支部の活動がわかる
  • 「Friends to Heart」 …大人の心臓病者のコーナー

その他、その時々に必要なことがわかる会報です。

661号(2019/4)目次

 

20190403133623-0001
 表紙「ぱんだ電車と赤ちゃんパンダ」
(東京東部/6歳)

 

言の葉・心の花

◇「心臓病児者が働くために 企業に理解してもらいたいこと」(神奈川県域)

みんなの声 

◇「生後3か月で心内修復手術 年に一度の帰国時に検診」
            (心室中隔欠損、右側大動脈弓、血管輪/東京南)
◇「医療費無料のカナダで手術 フォンタン後の3歳からスキーも」
            (純型肺動脈閉鎖症/神奈川県域)
◇「伊万里有田焼伝統工芸士になって 家族と明るい未来を築きたい」
             (完全大血管転位症/福岡)

ほっとタイム

◇「パンの香り」(大阪)

 のびゆく芽

◇「将来は人を助ける職業に」(左心低形成症候群/高3/宮城)

  はあと

◇絵「おねえちゃんとポケモンごっこ」(三尖弁狭窄症、右室低形成/小1/長野
◇絵「ママとお花畑に行きたいな」(三尖弁閉鎖症/小3/群馬)

第21回日本成人先天性心疾患学会総会・学術集会

本部・社会のうごき

◇2019年度政府予算案

各地のうごき

◇「3組の親子が入会したクリスマス会 守る会の必要性と思いを伝え続けたい」(長崎)
◇「情報を共有できた交流会 小児期から成人以降にわたってのお話」(東京北西)

☆お母さんのひとりごと(京都)
             

Friends to Heart  心友会たんしん 

◇「『好きなことをやって生きる』今の趣味は一人旅」
             (純型肺動脈閉鎖症/富山)
◇「社会人1年目」(高知)
◇「第21回日本成人先天性心疾患学会に参加して」
             (単心室、肺動脈閉鎖他)







 

 

 

 

 

 



 

 

 

バックナンバー