機関誌「心臓をまもる」

機関誌「心臓をまもる」は全国の会員と会員とをつなぐために発行されています。
2005年11月号で500号をむかえ、その後も毎月発行されています。

  • 「みんなの声」 …親や患者の書いたおたより
  • 「はあと」…心臓病児の作品
  • 「医療講座」 …専門医などによる最新の医療解説
  • 「施設めぐり」「団体めぐり」 …会員の目で見た施設や団体紹介
  • 「本部・社会のうごき」 …福祉制度や病気に関わる情報や本部の活動がわかる
  • 「各地のうごき」 …支部の活動がわかる
  • 「Friends to Heart」 …大人の心臓病者のコーナー

その他、その時々に必要なことがわかる会報です。

687号(2021.6月)目次

687号表紙絵

 表紙「はらぺこあおむしと梅雨の空」
(宮城/5歳

言の葉・心の花

「就労によせて~病児の親だからできる意識した子育て~」(埼玉)

 

みんなの声 就労特集・それぞれの生き方、働き方を模索して

◇「自分のための転職をして 障がい者雇用の実績のある会社に」
       (両大血管右室起始症、心室中隔欠損症/三重
◇「仕事と育児の両立を選んで 誰もが認め合える社会を」
 (肺動脈弁閉鎖、三尖弁閉鎖不全症、心房中隔欠損症/大阪)
◇「高校入学後から就労準備をして 就職後に体調を崩し転職」
              (肺動脈弁閉鎖不全症/東京南)
◇「病気を理解してもらえる職場で コロナ禍でも働きやすい環境」
              (完全大血管転位症Ⅲ型/茨城)
◇「活発なコミュニケーションをして より楽しく納得できる環境の構築」
            (単心室、大動脈縮窄症候群/富山)

ほっとタイム

◇「お琴の音色でほっこり」(滋賀)

のびゆく芽

◇「とても充実している部活動」(エプスタイン奇形/中3/広島)

  

 はあと

◇絵「大きなタケノコ」(左心低形成症候群/小6/新潟
◇絵「さくらのさくら」(左室型単心室症、ウール病/5歳/香川)


医療講座 No.137

「心臓リハビリテーションとは~運動はどのように行うとよいか?~」
         (聖隷浜松病院リハビリテーション部・中野淳子)

 

本部 ・社会のうごき

◇「第2回支部Zoom学習・交流会 コロナ禍で支部活動はどうやっている?」

 

各地のうごき

◇「普段疑問に思っていることが解決 3度目の楽しい社会福祉制度学習会」(埼玉)

☆事務局のひとりごと~福岡

 

 心友会たんしん

◇春の代表者会議報告
◇「オンライン医療学習会を開催」
 ~岡山大学病院成人先天性心疾患センター・赤木禎治先生をお招きして~
◇「コロナとZoomと私」(大動脈弁狭窄症/静岡)
◇「リングノートはちょっとかさばる」(総肺静脈還流異常症/福島)
◇「雑感~Re START」(静岡)

 

 

<span style="color:

バックナンバー