機関誌「心臓をまもる」

機関誌「心臓をまもる」は全国の会員と会員とをつなぐために発行されています。
2005年11月号で500号をむかえ、その後も毎月発行されています。

  • 「みんなの声」 …親や患者の書いたおたより
  • 「はあと」…心臓病児の作品
  • 「医療講座」 …専門医などによる最新の医療解説
  • 「施設めぐり」「団体めぐり」 …会員の目で見た施設や団体紹介
  • 「本部・社会のうごき」 …福祉制度や病気に関わる情報や本部の活動がわかる
  • 「各地のうごき」 …支部の活動がわかる
  • 「Friends to Heart」 …大人の心臓病者のコーナー

その他、その時々に必要なことがわかる会報です。

659号(2019/2)目次

 

659号トリミング
 表紙「鬼は外!福は内!」
(川崎/36歳)

 

第56回全国大会 『翔び立つ君へ、一歩ずつ未来に~病気との付き合い方~』

◇全体報告
◇大会宣言
◇患者からの発言
◇裏方の記

 みんなの声 

◇「小さな達成感の積む重ねが自信になって 自分の心と体に正直に生きる」
            (ファロー四徴症/埼玉)
◇「4歳でフォンタン手術 守る会支部長が病院まできてくれて」
          (心室中隔欠損症・僧帽弁狭窄症/北海道)
◇「心室細動の原因はQT延長症候群 もしものために4歳でICDを植え込み」
             (QT延長症候群/兵庫)

ほっとタイム

◇「いちじく(無花果)」(東京北西)

のびゆく芽

◇「将来に向けて」(左心低形成症候群/大分)

 はあと

◇絵「遠足で食べたおべんとう」(左心低形成症候群/6歳/奈良)
◇絵「一輪車は大好きなもの」(三尖弁閉鎖症/小学4年/高知)

2018年度 第2回社員総会

 本部・社会のうごき

◇各地で後退続く障害者への福祉医療制度

各地のうごき

◇「障害のある子の将来について学ぶ 親なきあとにやっておくべきこと」(静岡)
               

Friends to Heart  心友会たんしん 

◇「モチベーションは大切!ニート生活を卒業し、職業訓練校に」(単心室症/福岡)
◇「ああ‼ ペースメーカが働いていない!」
      (両大血管右室起始症・肺動脈閉鎖/長野)





 

 

 

 

 

 



 

 

 

バックナンバー